高台にある家 隈之城の家 重富の家 西田建て替え物語 紫尾山の麓の家 池之上の家 影原の家 小湊の家 土間のある家 中山の家 リフォームの家 モミの木の家 コートハウスⅡ コートハウス UT HOUSE UE HOUSE TT HOUSE TM HOUSE TD HOUSE OT HOUSE OPEN HOUSE OG HOUSE NN HOUSE NM HOUSE NK HOUSE MT HOUSE MR HOUSE MO HOUSE KM HOISE FT HOUSE EB HOUSE doubles. branch

‘KM HOISE’に関する記事

2012.5 KM HOISE 進捗情報

2012-05-24

いよいよ、外構、内部工事も大詰めになってきました。

大工さんは、久々に現場に戻ってきて木塀作りです。

均等に板を金属の柱に留めていきます。木の乾燥、曲がり具合によって作業時間が違ってきます。

ka104 ka105 ka106

(さらに…)

2012.4 KM HOUSE 進捗情報

2012-04-30

玄関土間からポーチ駐車場までの作業です。

今回は車いすを使用できる緩やかなスロープ、土間と床との段差がない作りになっています。

ka75 ka65 ka76

(さらに…)

2012.4 KM HOUSE 進捗情報

2012-04-18

晴天が続いているなか、外壁工事に取り掛かりました。

お施主様ご要望のブリックタイルを、玄関上にバランスよく貼っていきます。

ka ka57

(さらに…)

2012.3 KM HOUSE 進捗情報

2012-03-17

内部の様子です。

壁がない状態なので、この状態ではどの部屋かわかりにくいですが、

床板を仕上げ、これから壁に下記写真の断熱材を入れ、プラスターボードを貼り付けて部屋を作っていきます。

ka38 ka39 ka40

P1130066 ka49

(さらに…)

2012.3 KM HOUSE 進捗情報

2012-03-02

軒裏の塗装をお施主様工事で進めています。自然塗料『いろはの栗皮茶』で一度塗ってから、

余分な塗料を拭き取る作業が手間のかかるところですが、 仕上がりの木目がきれいに出てきます。

1322462930294 P007 ka30

大工さんに軒裏の板を貼ってもらい、この後二度目を塗ります。

(さらに…)

2012.2 KM HOUSE 進捗情報

2012-02-17

建て方前日までの雨が嘘の様に上棟の日は晴れました。

ka16

(さらに…)

2011.11 KM HOUSE 進捗情報

2012-01-06

秋がはじまる季節とは違う暖かい日が続く薩摩川内市にて、新規の家作りが始まりました。

ka2 ka3

良く晴れた吉日、薩摩川内市にて地鎮祭を執り行いました。 (さらに…)

KM HOUSE 写真集

2011-01-02

KM HOUSE外観は
シルバーブラックのガルバリウム鋼板の屋根に、オフホワイトのレビスタンプの壁、 これらにこげ茶の戸袋がアクセントとなり、シンプルながらも温かみのあるスタイルです。

一方の内部空間は、
玄関からリビング、キッチンへと続く白を基調とした室内に、こだわりの和室を合わせた広い空間と 昔懐かしいガラス窓を家族団らんのスペースに取り入れ、 住む人を和ませてくれる仕上がりになりました。 (さらに…)

2010.9 KM HOUSE 進捗情報

2011-01-01

2010.9 K.M様邸の地鎮祭が執り行われました!

8月の雲ひとつない青空の下、薩摩川内市のK.M様邸の地鎮祭が執り行われました。
新田神社の神主さんの神事に続いて、ご家族、ご両親様が滞りなく無事に工事完成するようにご祈願いたしました。

9月に入ってからは、地盤転圧、基礎の配筋、生コンを打ち職人さんによりきれいに均され、数日置いて型枠を外して基礎の完成と
なりました。今回施主様のご希望で平屋建、所々にこだわりの部分もありますので、楽しみに工事進行を見守って下さい。

123456

2010.11 家族総出で軒天の板に色を塗りました!

屋根の取り付けが終わると壁にケナボードを貼っていきます。
サッシの枠がすぐに入りますが、大きいサッシはガラスが入っていなくても結構重く、取付は大変そうです。

078910

そのあと、施主様ご家族は総出で軒天の板に色を塗りました。
初めての経験ということで、それぞれ一枚一枚塗り方が違い、なかなか難しいようです。
立てかけて干す時も軍手の跡が付くので、その部分を塗り消さないといけません。
継ぎ目の部分も乾燥して木が縮むと、塗っていない部分が目立つので丁寧に塗っていきます。
出来上がると大工さんが加工して軒裏に貼っていきます。
そのあと、足場に上り、2度目の塗装をするとハッキリした色が出てきます。

01112131415

ほかの場所では土台水切りや屋根の板金していますが、一部にスカイライトチューブも取付てもらっています。
(屋根にカタツムリの目の様な)ドームから入った太陽光は銀色のチューブを反射しながら室内に入ってきます。
それがとても明るく、まるで電気をつけているようです。

0161718

 

このほか、今回から屋根の内部に通気・遮断材を使用しています。
これは大工さんにとって加工や取付工事がやりやすいようです。

19

2011.1 仕切りが出来て、部屋らしくなってきました!

寒さが厳しくなってきた頃、天井、壁部分にボードを張っていき、仕切りが出来て、部屋らしくなってきました。
020

 

次は、室内の珪藻土の色を決めるための打ち合せです。

2122

 

打ち合わせの結果、和室とその他の部屋とで色を分けることになりました。
また寝室の壁は、左官さんのアドバイスを受けながら、ご主人様が下地から塗られることになりました。

最初は珪藻土をコテに逆手でのせることも難しかったようですが、
次第になれ、仕上げをする頃には珪藻土を楽々のせられるようにもなり、きれいな壁が仕上がりました。

02324

 

また、ご主人様のアイディアで和室の壁に、モミジで模様をつけることになりました。
これがちょっとしたアクセントになり、このあとの色付けがとても楽しみです。

02526

その後、塗装屋さんには、子供部屋の壁、キッチン木部、棚等の木部塗装のリボス(自然塗料)を塗ってもらいました。

02728

一度塗りでは表面にザラザラ感があるので、一回目の塗装のあと、紙やすりをかけ、もう一度塗装します。

外部は足場が外される前に、左官さんがいっせいにレビスタンプにパターンを付けて仕上げていき、屋根にシルバーブラックのガルハリウム鋼板、壁にオフホワイトのレビスタンプ、こげ茶の戸袋とバランスの取れた外観が現れました。

0293031

今日は、施主様、庭師さん、社長との外構打合せです。

03233

見栄え、バランスがよいのはどんな植物か。
その植物はどんな手入れをすればいいのかなども話し合いました。

どんな出来上がりになるのか楽しみです。

Copyright(c) KENCHIKUKOUBOU-MEGUMI All Rights Reserved.