高台にある家 隈之城の家 重富の家 西田建て替え物語 紫尾山の麓の家 池之上の家 小湊の家 土間のある家 中山の家 リフォームの家 モミの木の家 コートハウスⅡ コートハウス UT HOUSE UE HOUSE TT HOUSE TM HOUSE TD HOUSE OT HOUSE OPEN HOUSE OG HOUSE NN HOUSE NM HOUSE NK HOUSE MT HOUSE MR HOUSE MO HOUSE KM HOISE FT HOUSE EB HOUSE doubles. branch

‘FT HOUSE’に関する記事

FT HOUSE 写真集

2010-10-12

FT HOUSEこちらのお宅は二世帯住宅。
玄関は一箇所ですが、1,2階共施錠付きの建具を取付て分けています。

1 階は和をモチーフにしています。普段は広い空間で生活をされますが、お客様が宿泊されても、障子で仕切られるようにしてあります。

2 階は洋を取り入れ、階段との仕切りにガラスを使うことで明り取りや空間を広く見せる工夫もされています。 (さらに…)

2010.10 FT HOUSE 進捗情報

2010-10-11

036

ふすまを製作する前に、厚いカタログの中からサンプルを選んでいただくのですが、ご家族で「これは?」と意見を出されながらの色選びはとても楽しそうです。こちらのカーテン選びの時も、同様の光景が見られました。

大工さんによって、デッキ作りが始まりました。ここに束で置いてあるのが防腐処理をされた木材です。

木の中に薬が入っているので、風雨にさらされても痛みにくい木材になっています。

その後、板壁の塗装も始まりました。二回目の塗装をして取付工事完了です。

3738394041

洗濯機が入るスペースにタイルを張りますが、一部配水管部分のタイルを丸くカットしなければなりません。

慎重に電動カッターで細かくカットしながら、徐々に穴を開けていきます。カットが終わり、床に張られたタイルです。

04243

 

この時床下に防蟻工事が入る前の掃除をしました。基礎の上を掃除機で掃除しながら、同時に床下の工事に問題がないかチェックをします。床を張る前に掃除をしていたので、あまり汚れていませんでしたが床下全体を回るのはとても大変でした。

04445

 

床の養生シートを剥がし、床塗装(リボス … 自然塗料)が行われた翌日は色々な仕上の業者さんが入れ替わりで作業をしました。

建具屋さんは自宅工場で加工した建具を現場で微調整して取り付け中です。住宅設備機器、タタミ、ふすま、照明も全て入り、内部は完成です。

0464748

 

外構工事も、施主様の希望の木を庭師さんにより、家とのバランスを考えて植栽がされました。

0495051

そして、ようやく二世帯住宅が完成いたしました。玄関は一箇所ですが、1,2階共施錠付きの建具を取付て分けています。

0525354

 

1 階は和をモチーフにしています。普段は広い空間で生活をされますが、お客様が宿泊されても、障子で仕切られるようにしてあります。

055565758

 

2 階は洋を取り入れ、階段との仕切りにガラスを使うことで明り取りや空間を広く見せる工夫もされています。

また、プライベートは完全に仕切りたいとのご要望でしたので、個室風な作りに仕上げ、施主様も気に入られています。

0596070

 

キッチンの収納もそれぞれ使われる方のご要望に合せた造りになっています。

1 階バック収納は食品や食器等がたくさん入れられるように仕上げています。

07172

 

2 階のバック収納は目線の高さにはあまり物を置かないようにしたいご要望で、腰までの高さに仕上げてあります。

07374

2010.10 FT HOUSE 進捗情報

2010-10-10

鹿児島市のF.T様邸は外壁工事の状況です。
外壁は板金屋さんがガルバリウムを貼り、左官さんが下地材+レビスタンプ(消石灰に無機の色粉)の順で塗っていくと、ガルバリウム鋼板の黒、レビスタンプの白、板張りの赤のバランスのとれた外観が足場の取れた後、姿を現しました。
0222324

その後、左官さんには外構工事で木塀造りのブロック積をしていただきました。
ブッロクとの間に力骨とゆう鉄骨を入れます。これに木塀を取り付けると強風で倒れにくくなります。

02526

 

木塀用の木材を2週間前から干しています。これは防腐処理した注入材にそのまま塗装しても、表面が濡れているのですぐに色落ちをしてしまいます。
そこで、立掛けて乾燥をさせてから塗装に入ります。
経過報告にご期待!

02728

 

内部は1.2階にキッチンが入りました。
1階はクリナップさんのシステムキッチンで、引出し内部までステンレスを使用しているところが気に入られて選ばれました。
2階はT様のご希望でステンレスの天板をのばし、カウンターで食事が出来るように TOYOキッチンさんの商品を選ばれました。

02930

 

内部珪藻土工事は、石膏ボード同士の継ぎ目の上に珪藻土を塗ってもひび割れが出来ないように網目のテープを張ってから下地を塗り、水で練った珪藻土を素早く塗りつけていきます。
この時、早く押え付けていかないと乾いて硬くなり、施主様と決めた塗り方や模様付けが難しくなります。
天井部分は首が痛くなりそうです。

03132

 

左官さんは内部に使うコテを数種類使い分けて珪藻土を塗っています。
例えば、階段やニッチ等の角をならす細かい部分用の小さなコテもあります。
職人さんが『探してやっと見つけた』そうです。

0333435

 

これから先は、照明工事、ふすま・畳工事等最終段階に向けて、いろいろな業者さんが入れ替わりで入ります。

2010.7 FT HOUSE 進捗情報

2010-10-07

2010.7 今回は初めての二世帯住宅着工!

地鎮祭では、神主さんの祝詞と清めの儀式も滞りなく進み、 無事に工事が終了できますよう皆様で祈願しました。
雨が降り続く中、天気予報を確認しながらの基礎工事です。
生コンを打つ時には、雨が降ることもなくきれいに整えることが出来ました。

123

2010.7 上棟式が行われました!

雨の合間をぬって基礎に生コンを打ち、型枠を撤去した後、棟梁とクレーンのコンビネーションで柱を建てて徐々に棟が上がっていきます。そして、長く降り続いた雨が上がり、夏の空が広がった吉日に、 F.T 様邸では上棟式が行われ、ご近所の方が大勢来てくださり、大変盛り上がりました。

0456789

2010.8 棟が上がってから1ヶ月近く経とうとしています。

この期間大工さんは間柱を入れ、床をはり、サッシをはめ、板金屋さんは屋根にガルバリウム鋼板を葺いて、コーキング屋さんは2階のベランダにコーキングを塗る等少しずつ工事が進み、建物の様子が変わっていっています。

最近は、台風の風で足場が倒れないように養生をまとめていたので、今回初めて外観が登場しました。

現在は、パナソニックさんのケナボードで全体を覆われているので、完成予想図とはちょっと違った雰囲気になっています。

0101112131415

2010.9 外壁の工事が着々と進んでいます。

朝夕は涼しさを感じつつも、日中の暑さが まだ厳しい日々ですが、鹿児島市のF.T様邸は外壁の工事が着々と進んでいます。

ボードの上から防水シート、エアパセージシートを張り、2階は黒のガルバリウム鋼板、1階は左官さんによって今、下地用のメタルリブラスを張ってもらってます。

この後、下地+ガラス繊維ネット+白のレビスタンプの順に塗っていきます。そして、施主様の選んだ軒天、戸袋の赤っぽい色がアクセントになり全体がしまって見えます。

0161718192021

Copyright(c) KENCHIKUKOUBOU-MEGUMI All Rights Reserved.