高台にある家 隈之城の家 西田建て替え物語 紫尾山の麓の家 池之上の家 小湊の家 土間のある家 中山の家 リフォームの家 モミの木の家 コートハウスⅡ コートハウス UT HOUSE UE HOUSE TT HOUSE TM HOUSE TD HOUSE OT HOUSE OPEN HOUSE OG HOUSE NN HOUSE NM HOUSE NK HOUSE MT HOUSE MR HOUSE MO HOUSE KM HOISE FT HOUSE EB HOUSE doubles. branch

小湊の家『建て方~屋根工事~断熱工事』

2017-03-10

抜けるような青空の下、速やかに建て方が始まりました。
建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり建て方が始まり

 

また別日に屋根工事がはじまり、トラックの上にある機械にロールされたガルバリウム鋼板をセット。

曲がらないように業者全員で真っ直ぐに引っ張り出して形成、それを屋根に上げて設置します。
屋根工事屋根工事屋根工事

屋根工事屋根工事

 

大工さんが壁下地施工から防水シート、
サッシの取り付けが終わると断熱材工事「アップルゲートセルロース」が入ります。
この工事はいくつかの面で特徴があるので今回は断熱性能についての説明を致します。
断熱性能

 

まず、米国の新聞紙『SOYINK(大豆油から作られる工業印刷用インク)仕様』を
リサイクルして作られている材料と防虫・防カビ剤として使われているホウ酸を
使用して吹きつける断熱材です。
グラスウールなど使用してないので、安心です。
まず、米国の新聞紙『SOYINK(大豆油から作られる工業印刷用インク)仕様』まず、米国の新聞紙『SOYINK(大豆油から作られる工業印刷用インク)仕様』まず、米国の新聞紙『SOYINK(大豆油から作られる工業印刷用インク)仕様』

 

断熱の役割は、住宅の温度変化をできるだけ小さくすることです。
アップルゲート セルロース断熱は、
「伝導」「対流」「輻射」による熱の移動を効果的に阻止します。
伝導・対流・輻射によって熱が移動するのを効率よく阻止するには、
隙間のない断熱層を作ることが必須です。

どんなに熱伝導率の小さい(熱抵抗値の高い)断熱素材でも、
隙間のある施工では断熱の役割を果たしません。
ある米国の研究報告では5%の隙間が素材の持つ断熱性能を20%低下させるとあります。

高温の時、同じ断熱性能でもガラス繊維は
外気温が下がるにつれて抵抗が小さくなり空気が侵入しやすくなります。

アップルゲートセルロースは温度変化にかかわりなく性能が一定しています。
空気の侵入を防ぐことにより、冷暖房費を軽減できます。
(アップルゲートセルロース断熱材HP参照)

壁に吹き付けた後は専用のシートで被います。
アップルゲートセルロース断熱材アップルゲートセルロース断熱材


Copyright(c) KENCHIKUKOUBOU-MEGUMI All Rights Reserved.