高台にある家 隈之城の家 西田建て替え物語 紫尾山の麓の家 池之上の家 小湊の家 土間のある家 中山の家 リフォームの家 モミの木の家 コートハウスⅡ コートハウス UT HOUSE UE HOUSE TT HOUSE TM HOUSE TD HOUSE OT HOUSE OPEN HOUSE OG HOUSE NN HOUSE NM HOUSE NK HOUSE MT HOUSE MR HOUSE MO HOUSE KM HOISE FT HOUSE EB HOUSE doubles. branch

紫尾山の麓の家「眺望もかねて吹き抜けにFIXガラス」

2016-06-03

ハーフユニットバスを設置お風呂です。

今回お施主様のご希望が桧風呂で
坪庭を眺めながらの入浴をされたいそうです。

浴室全体を桧一色と洗い場にタイルを張る工事になると
随分コストが高くなる為、社長の提案でハーフユニットバスを設置。
これだと浴槽より上の部分に桧やそれ以外の木材・タイルなどを
施工することが出来しかも浴槽、洗い場、建具が在来品なので
コスト面が抑えられるメリットがあります。

仕上がりがとても楽しみです。

 

二階ベランダのFRP防水工事です。
大工さんが取り付けたベランダと立ち上がりの壁との
隙間に防水用のコーキングを打っているところです。

いつも工事にお邪魔するときはすでにガラス繊維シートを施工している時なので、
今回初めからの工程を見ることができて良かったです。
ガラス繊維シートを施工ガラス繊維シートを施工

 

北側の一階・二階の吹き抜け部分に明り取りと眺望もかねて
FIXガラスを設置予定。
ペアガラスの為、相当な重量らしくここまで持ち上げるのに苦労したようですが
これからがもっと大変です。はめ込まなければならないので。
FIXガラスを設置FIXガラスを設置FIXガラスを設置

 

【断熱材施工】

今回厚み90.㎜の充填式断熱材を屋根と接している部分に埋め込みます。
壁・床は通常の45㎜ですが、屋根は倍の厚みになっています。
これは平成25年度の省エネ基準の規定に沿って施工しています。

充填式の場合、熱伝導率が低い空気よりも小さな値であること。
このダントツの断熱性能の特徴は発砲させた樹脂の中につくった
微細な独立気泡とそこに閉じ込めた断熱性能の高い発砲ガス(ノンフロン)
によるものです。

充填式45㎜の壁・床用の場合→グラスウールは110㎜
充填式90㎜屋根用の場合  →グラスウールは220㎜
この数字を見れば壁の幅に合わせてカットをしはめ込めば、
スッキリと収まる上に完成後にグラスウールのように自重で
下がってしまうこともありません。
断熱材を壁の中に埋め込み断熱材を壁の中に埋め込み断熱材施工断熱材施工断熱材施工

 

電気配線工事。

現場の状況と図面を照らし合わせて、
どこに換気口・エアコンの設置場所をするか職人さんと細かく打ち合わせをしていきます。
配線と配線を留める専用ステープル。

ずっと家中を木材の間を縫うように這わせていくのに、何時間もかかるそうです。
電気配線工事電気配線工事電気配線工事


Copyright(c) KENCHIKUKOUBOU-MEGUMI All Rights Reserved.