高台にある家 隈之城の家 重富の家 西田建て替え物語 紫尾山の麓の家 池之上の家 影原の家 小湊の家 宇宿の家 坂之上の家 土間のある家 中山の家 リフォームの家 モミの木の家 コートハウスⅡ コートハウス UT HOUSE UE HOUSE TT HOUSE TM HOUSE TD HOUSE OT HOUSE OPEN HOUSE OG HOUSE NN HOUSE NM HOUSE NK HOUSE MT HOUSE MR HOUSE MO HOUSE KM HOISE FT HOUSE EB HOUSE doubles. branch

2014 街中のコートハウス

2014-11-17

■ こちらは地鎮祭の様子です。
地鎮祭の様子
こちらの土地は奥に縦長のため、駐車場を2台分確保するには、ビルトインの二階リビングにする必要があり、一階は玄関と客間の和室のみになっています。

社長の提案にお施主様もどのようなプランになるのか楽しみにされ、縦長の動線、部屋の配置、部屋の明るさについても綿密に打ち合わせがされました。

地鎮祭の様子地鎮祭の様子

式終了後にお神酒で乾杯をするところですが、焼酎の臭いにお子様はちょっとしかっめ面になり、周りの大人は『土地の神様に全部上げていいからね』と笑いながら教えていました。

■ 配筋組みを基礎屋さんが作業している状況です。
配筋組みを基礎屋さんが作業している状況配筋組みを基礎屋さんが作業している状況配筋組みを基礎屋さんが作業している状況

右上と左下の写真は、地鎮祭で頂いた鎮物を背筋が組み終わった時に土の中に納めました。

鎮め物はコンクリートを流し込まれると基礎の中にずっと入ったままです。
いつも、地鎮祭をお願いする護国神社の神主さんより、『昔の人は何か大きな建物、橋を造る時は人身御供やお金、剣を土地の神様に捧げていましたが、この時代そのようなことは許されることでは無いため、中に金属で小さく作った人形、お金、剣を身代わりに納め家を守ってもらうのです。』と教えてもらいました。

 

■配筋が終了しました。
配筋が終了しました。

 

■ 生コンを打設中。

今回、一階の半分は駐車場スペースで、この打設の時に仕上げも兼ねて作業をしてくださいました。
生コンを打設中生コンを打設中

 

■ 土台敷込みを大工さんが作業している状況です。

ここから本格的に棟が上がっていくので、完成が楽しみです。
配筋組みを基礎屋さんが作業している状況です。


Copyright(c) KENCHIKUKOUBOU-MEGUMI All Rights Reserved.